今回の台風、地震にて被災された方々、

心よりお見舞い申し上げます。

 

私が11年間もベラルーシにて、

バレエを続けられる事が出来たのは、

たくさんの先生方との「出会い」です。

これらのノートには、

私だけの、私がバレエに費やした時間と、

経験が書かれており、

教える立場の私にとって一番の宝物 。

この宝のノートを原点に、

教える事で日々生徒から学び、

改めてワガノワメソッドの奥深さを学ぶ事で、

これまで部分部分だったものが繋がりはじめ、

腑に落ちる体験をしております。

それはあたかもパズルのピースが一つずつ繋がり、

意味をもつ全体の絵が見えてくる感覚。

だからこそ今一番バレエが面白い!!!

 

学校時代、現役時代に、

バレエが好きか? 楽しいか?と、聞かれたらはっきり言って、

答えは分からない。。。と答えたかもしれません。

でも、それなりに、好きだから、夢に向かって努力し、

楽しい事は沢山あっただろう。

しかし、辛い思い出の方が勝っていた。。。

とにかく毎日必死で、

夢に向かって全力で突っ走っていた。

後にも、先にも私のバレエ人生の中で、

いや、多分私の人生の中で、

一番努力した時代。

やり尽くすことやり尽くしたからこそ、

さっぱり現役を引退できたのだろう。

だから、今は何のプレッシャーも感じず、

素直にバレエと向き合える。

 

バレエの世界は本当に厳しい。

才能があっても開花できない場合もある。

また、毎日必死に努力したからといって、

夢が叶えられる訳ではない。

これらのノートには、

当時の思いや、先生からの言葉、

反省点など、書き記されており、

今日、教えという立場でバレエに関わっている私にとって、

バレエノートを作っていて本当に良かった!と思う。

まだ、始めてない人は、

是非、バレエノートをおすすめします!

 

次回は、色々な先生からの出会い、

学んだ事を書いてみたい。

今、夢に向かって頑張ってる方々に向けて、

何かのヒントになる事を願いつつ。。。